加速する「売り方」の変化

マーケティング小話

新潟県、燕三条市には「燕三条キッチン研究所」があるんだという。

Twitterかinstagramでたまたま見て、

プロダクトに興味を惹かれたので調べてみると、なおのこと興味が湧いた。

燕三条の地でおよそ80年に渡り金属加工の技術を研鑽し続ける製造メーカーと、新潟市のプロダクトデザイナー、グラフィックデザイナー、ライターが、<製造><デザイン><ことば>の視点から構築していく

100% 燕三条産の「ものづくり」」なのだという。

実際、モノが面白い。

食パン1枚でホットサンドがつくれる「ホットサンドソロ」(税抜4,500円)

スペースと油を節約できる「コンパクトフライヤー」(税抜5,500円)

炒めて、煮れる。三口コンロでも使いやすい「ひし形フライパン」(税抜7,000円)

価格もほどほどで許容範囲だし、

いかにもデザイナーが入っている、プロダクト・デザイン、HPデザイン

いかにもマーケティング好きそうな製品ページの文章など

かなり好感が持てて、魅力的だ。

パッと見はよさそうだ。

一方で、ネガティブチェックをしていくと

ホットサンドソロ以外は、差別化が弱いとも言える。

ホットサンドソロも、少し売れたら、大手が簡単にマネしてくるはずだろう。

(参入障壁が弱い)

そして、売り方が弱い。

HPでの直販のほか、全国17店舗へ卸しているが…

HPは、わざわざ探してもらえなければ、出会ってもらえない。

店舗では、ロフトの片隅に置かれていても、不十分だ。

自社SNSは、instagramがフォロワー1,940人。

自社発信力は、もっといくらでも鍛えられるはずだ。

そもそも

100% 燕三条産の「ものづくり」

この言葉が危うい。

職業柄、こうした「地域の力を結集させた!」的なプロジェクトは

いくつも見てきたが、成功例は極めて少ない。

(今治タオル、磨き屋シンジゲートくらいじゃなかろうか)

(その成功例も、運の要素がとても大きかった)

買う側からすれば、「100% 燕三条産」の凄さが

その言葉からだけでは伝わってこないのだ。

(悪く言えば、とても自己満足的)

「だから、何なのか」をもっと具体化して、

買う側にとって分かりやすく、確実なメリットとして発信しなければいけない。

とくに、現在進行形のコロナショックによって

消費者の「買い方」は確実に激変する。

店舗に行く頻度の減少。

景気悪化による、そもそもの「買い控え」の増加。

オンラインショッピングの急増。

店舗での偶然の出会いの減少。

店舗での試着、試用の壊滅。

などなど。

「良いモノ」を「作れば売れる」、は本当の意味で終焉を迎える。

いかに伝えるか。

いかに広めるか。

「広め方」、「売り方」の変化を加速させなければ

企業の生き残りの道は見えてこない。

燕三条キッチン研究所が当面できることと言えば、

①:差別化と参入障壁の高い商品開発を強化する

①+α:大手が入りにくいニッチ商品に特化する

②:少なくとも、Twitter、instagram、TikTokでの自社発信力を強化する

②+α:利用シーンをダイレクトに伝える動画投稿を強化する

②+α:メイド・イン・燕三条のメリット、価値、ストーリーを発信する

②+α:ライトなインフルエンサーを味方につける

このあたりだろうか。

とくにコストの小さい②の取り組みは急務だ。

近くにあれば、取材して関わりたいくらいだ。

C