テニスとビジネスはよく似ている

マーケティング小話

スポーツとビジネスは、似ているところがある。

練習を積んで本番に臨み、闘う点

必ずしも実力が100%勝敗を決めてくれず、「運と実力」の世界である点

失敗と挑戦を続けなければならない点

特に、テニスとビジネスはよく似ている。

どんなテニス選手も、史上最高の選手と言われるロジャー・フェデラーでさえ

試合の中ですべてのポイントを取ることは、ほぼあり得ない。

セットカウント3-0、ゲームカウント6-0でも

1ポイントも失わない試合というのは、まず考えられない。

完璧主義では、成り立たないスポーツだ。

ジョコビッチやナダルのような、王者と言われる選手でも

出場するすべての大会で優勝できるわけではない。

日本の錦織圭は、世界で4位まで昇りつめた

卓越した才能と努力を兼ね備えた奇跡的なテニス選手だが

大きな大会(グランドスラム、マスターズ1,000)での優勝経験は未だない。

オリンピックでは3位の銅メダルだった。

つまり、テニス選手は誰しもが、常に悔しい思いを胸に、挑戦と失敗の日々を続けている。

テニスのポイントは、スーパーショットも凡ミスも、1ポイントに変わりはない。

試合の流れを変えるポイントはあっても、1発逆転はありえない。

ビジネスパーソンも同じではないだろうか。

失敗を恐れてすぎていたら、試合には参加できないように

リスクを恐れすぎていたら、挑戦的なビジネスには取り組めない。

試合全体のマネジメントをするように

ビジネス全体のマネジメントを心掛け、トータルで勝利を収められるよう努める。

テニスのトップ50、トップ30の選手たちの差は、スキルよりもメンタルにある。

ビジネスパーソンの差も、突き詰めていけば、スキル以上にメンタルではないか。

一見、関係のない物事を関連付け、結び付けて考える習慣は

イノベーションを生むために有効であることが実証されている。

テニスとビジネス、スポーツとビジネスを結びつけ、

何らかのインプリケーションを得ること、勇気をもらうことはアリだろう。

C