サングラスという高いハードルを、クリップオンで飛び越える

マーケティング小話

人それぞれに、「ハードルの高いファッション」というのはあるだろう。

例えば、革ジャン。白パン。迷彩柄。

革ジャンの中でも、ダブルのライダースはハードルが高い代表格だろう。

バイカーやミュージシャン限定というイメージが強すぎる気がする。

白パン、そして上下白のセットアップやスーツというのも、難しい。

迷彩柄のアイテムを身に付けるのも、少し覚悟がいる。

「かっこいい!」(ただし、スタイルと顔のつくりが良いヒトに限る)

という評価のファッショ・アイテムは、結構多いはずだ。

そんななかでも、ひときわ高いハードルを誇っているのが

サングラスだろう。

これは、海外に仕事で行ったり、海外の友人と会う機会があるとつくづく思うのだが、

日本人は圧倒的にサングラスをかけない。

顔のつくりが良いかどうか、彫が深いかどうか、には関係ないと思う。

韓国人だって中国人だって、自然にサングラスをかけている。

日本人の中で、サングラスに対する偏ったイメージが根付いており、

ハードルを上げてしまっているのだろう。

海外旅行先で、旅行中限定の安いサングラスを買うならいざ知らず

日本で、サングラスをわざわざ作るのは、多くのヒトにとって相当にハードルが高い。

度入りならなおさらだ。

そう考えているところに、Instagramの広告で偶然出会ったのが、

PonMeganeという眼鏡屋だ。

日本メガネ業界は、韓国のビジネスモデルを輸入してきたZoffとJINSによって

1万円以下で安くメガネが買えるように一変した。

(それまで、メガネは2,3万するのが当たり前だった)

現在では、1万円以下の格安メガネ(Zoff、JINS)か、

5~10万のおしゃれメガネ(Oliver Goldsmithなどの海外ブランド)に

二極化しているように思える。

前者になれない眼鏡屋は、後者のセレクトショップになる道しかないが

そんななかで、PonMeganeのクリップオンサングラスのサービスは素晴らしい。

どのブランド、メーカーのメガネでも持ち込み可で

メガネに合ったクリップオン式のサングラスを

1万円台でオーダーメイドできる、というものだ。

これは、消費者がサングラスにチャレンジするハードルを下げる意味でも、

眼鏡屋としての差別化戦略としても、個人的には拍手を送りたい。

HPに載せられている制作事例の豊富さも、

サングラス初心者のハードルをググっと下げてくれる。

日本人にとって、サングラスは

芸能人が顔を隠すためにサングラスをかけているイメージと

欧米のハリウッド俳優がサングラスをかけて格好いいイメージが

どうしても強すぎるのだろう。

だから、「有名人気取りか」とか「日本人には似合わない」といった偏見が浸透している。

しかし、「サングラスをかけない」

これも日本の常識=世界の非常識のひとつと言ってもいいだろう。

イメージを変えられれば、サングラス市場は大きく開拓できる可能性を秘めている。

サングラスの他にも

キャッシュレス(⇔現金)、

ウォシュレット(⇔なし)、

iPhone(⇔サムスン,ファーウェイ)など

まだまだ、日本の常識=世界の非常識は沢山ある。

まずはこの夏、PonMeganeのクリップオンサングラスから

世界の常識にチャレンジしてみようかと思う。

C