トレンド予想①:介護市場

中国よもやま話

確実な未来として

中国には、超高齢化社会が到来する。

中国では人口抑制のため、

1979年から2015年まで「1人っ子政策」、

その後は緩和して「2人っ子政策」を取ってきた。

2017年からは2年連続で出生数が減少しており、

2019年時点での人口の13.95億人は

2050年には13.75億人に微減すると予想されている。

しかし、人口の構成比率は激変する。

2015年時点では、60歳以上のシニアの割合はわずか16.8%

これが2050年になると、実に45.4%まで跳ね上がる。

人為的に出生抑制したツケが、歪すぎる結果として出てしまうことになる。

そうすると

労働人口の減少は深刻な問題となる。

だからこそ、それを見越して

ヒトで不足を、テクノロジーで補うため、

中国ではAI、IoT、ロボットによる生産性の向上と

工場のオートメーション化が重点領域に指定されている。

一方で

中国に確実に訪れる超高齢化社会は

「世界最大のシニア向けビジネスのマーケット」が生まれることも意味する。

シニア向けの日用品や介護機器・サービス、

そしていまだ文化として受け入れられていない老人ホームなどの

ビジネス・チャンスが

世界最大規模で、

中国国内に発生する、と前向きに捉えることもできる。

中国における介護は、大勢の子供たちで分担して

自宅介護するのが「現時点の当たり前」とされている。

(現在の、70~80代シニアを、大勢の50代の子供たちで介護する)

しかし

現在の若年層(10~30代)の「1人っ子」世代では

大勢で分担して自宅介護、は不可能となる。

子供は1人しかいないのだから。

確実に、価値観・慣習が更新されて

(高級・高付加価値)老人ホーム市場が大規模に発生するはずである。

そのトレンドを、

高齢化社会を先に経験している日本企業は

中国進出して掴んでいかなければならない。

老人ホーム、介護の、

知識、ノウハウ、人材を活かして

中国市場をいち早く獲得すべきである。

日本企業は、その志と、高い成長目標を持てているだろうか。

C