「それでも、馬鹿は野球に向きませんから」

マーケティング小話

ビジネス、マーケティングを進めていくうえで

判断基準、意思決定基準となるものは、

データか直観だ。

それは、事実かフィーリング、

左脳か右脳、

サイエンスかアート、などと言い換えられる。

要は、しっかりリサーチをして、データで裏付けしていくか

経験・感覚・勘を頼りにしていくか、の2つである。

多くの経営者やビジネスパーソンが、

現在でも、後者:アートの重要性を明言している。

その一方で、「Big Data」の名のもとに、

前者:サイエンスの重要性は急速に高まっていっている。

創業から20年で「世界最大の放送局」に昇りつめた

アメリカのメガベンチャー、NETFLIXは

スマホ・タブレット・PC・テレビにインストールされたアプリから

利用者の個人属性、検索方法、視聴コンテンツ・手段・時間帯、

どのシーンや人物を早送りしているかまで、

膨大な顧客データを収集・蓄積・分析して

「次は、どのようなオリジナル・コンテンツを制作するか」

「その内容に最適な監督と俳優は誰か」

「潜在的な視聴者の数と層はどうなるか」

などを具体的に割り出して、制作・配信を行っている。

完璧なサイエンス主義の企業であり、それで成功を収めてきた。

同様に、P&Gや資生堂もサイエンス主義でよく知られている。

ビジネス以上に、と言っても過言ではないくらい

スポーツの世界でも、サイエンス重視は進んでいる。

Roger Federerは、ケガから復帰した2017年から

Golden Set Analytics社と契約し、通常の2倍以上のお金を支払って

自分と対戦相手の、精密なテニス・データの解析を行っている。

自分と相手が

無意識にどんな組み立てをしているのか、

どういう場面で、どういうショットを打たれると弱いのか、

どんなコースに、どんな球種のサービスを打つと効果的なのか、

テニスにおける戦略を解き明かし、試合に臨んでいる。

試合中、常にデータに従うとは限らないが

データと直観を組み合わせながら、使い分けながら、戦っている。

テニス選手の中でも、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの「BIG 3」は

特に資金をかけて、データ解析を重要視しており、

試合前には、対戦相手を丸裸にしている。

若手のズべレフもやっているし、

女子の現1位のバーディも、10年以上やっているという。

(錦織は、コレにどれくらい取り組んでいるのだろうか…)

メジャーリーグの「フライボール革命」も、まさしくサイエンス主義の産物だ。

打球速度と、打球角度の関係に注目したフライボール理論では、

打球速度98マイル(158キロ)、打球角度26~30度のとき

最も安打になる確率が高いことが明らかにされた。

つまり、アッパースイングが効果的ということになる。

実際に、フライボール理論を採用したチームが優勝し、

採用した打者が最多安打を記録したことで、

メジャーリーグでは通説化しつつある。

サイエンスの解析を進めることは、アートの解明につながり

属人的なスキルやセンスを、一般化することができるようになる。

分かりやすく言えば、イチローや大谷のような「天才」を

どうすれば生みだせるのか、解明し、必要な要素を導き出して

第二のイチロー、第二の大谷を育成していくことを目指す。

そう考えてみれば、サイエンスを進める意義の大きさが分かるだろう。

ただし、イチローは警鐘を鳴らしていた。

「コンピューターによって、馬鹿でも野球ができるようになってきた。

 でも、それでも、馬鹿は野球に向きませんから」

スポーツでも、ビジネスでも

理想は、サイエンスとアートの共存だ。

「サイエンスとアートの使い分け」

「サイエンスに裏付けられたアート」

「アートを解き明かすサイエンス」

2つとも大事にするのが、ベストである。

C