アウトプットは、最高のインプット

マーケティング小話

「アウトプットは、最高のインプット」

Twitter上で拾ったこの言葉は、真実だと思う。

インプットしよう、インプットしなきゃ、と

新聞やNEWSPICKS、ネットメディアを読み漁ったり、

インフルエンサーのTwitterやnoteをこまめにチェックしたり、

ビジネス書や学術書までを読んでみたり…

勉強会や講演会に足を運んでみたり…

そうしたインプットの習慣づけは大切だが、持続が難しい。

また、インプットが本当にスキルアップに繋がっているか、あやしい。

インプットしなきゃ、インプットしなきゃ、よりも

アウトプットしなきゃいけない状況に自分を追い込むことだ。

ハードルの高いアウトプット(課題解決・開発・プレゼン等)をするためには、

必然的に

精力的なインプット(情報収集・学習)が求められる。

「インプットしなきゃ」と、インプットを目的にするのではなく

「アウトプットしていくために、まずはインプットしなきゃ始まらない」と

アウトプットという目的のために、インプットを手段として、こなしていく。

その感覚の方が、遥かに効率的で、生産的で、継続的にインプットしていける。

テニスで言えば、トレーニングが目的になってしまうと、息苦しくなってくる。

とりあえず試合にエントリーしてしまえば

試合という目的のために、手段として、意味あるトレーニングを続けたいと思える。

学生ならば、レポートや産学連携活動、学外のビジネスプランコンテストなどに

挑戦するように、意識的に自分を追い込んでみると、

おのずと情報収集・アイデア出し・思考トレーニングを続けていける。

ビジネスパーソンだったら、現時点での自分が「楽にこなせる」仕事ではなく

今の自分には「荷が重い」「かなりハード」「できるかどうか分からない」

それくらいにハードルの高いアウトプットを求められる環境に

身を置く方が、間違いなく自身を成長させられる。

(業界・企業・部署、あるいは副業という形で、よりハードに)

昨年の自分よりも、今年の自分の方が、スキルアップできている。

先月の自分よりも、今月の自分の方が、発想と行動に自信が持てる。

昨日の自分より、今日の自分の方が、強い。

『僕のヒーローアカデミア』で言うところの

「Plus Ultra!」(もっと先へ、限界を超えていけ)

もちろん漫画の世界だけでなく

筋トレや、スポーツだけでもなく

学生も、ビジネスパーソンも、「Plus Ultra」を自分自身に求め続けたい。

C