「メルカリ・エフェクト」は実感できる

マーケティング小話

『SPIDER-MAN Far From Home』を公開初日に

ユナイテッドシネマ豊洲に観に行った。

ユナイテッドシネマは、毎週金曜日が会員DAYなので、

1,000円鑑賞だ。

すると、数量限定の公開記念グッズがもらえた。

スパイダーマンのフィギュアだ。

映画を堪能した後、「まさか…」と思ってメルカリを開いてみると

この限定グッズがザクザク出品され、ザクザク売れていっている。

その金額、1,000円である。

映画を1,000円で観て、限定グッズを無料配布でもらい

それをまた1,000円で売る…という

金銭価値が迷路に入り込んだような感覚だ。

(実際にはメルカリで1,000円で売ると、手数料10%と送料を引いて

 手元に残るのは800円ちょい、といったところだろう)

翌日に、越谷レイクタウンに行ってみると、Marvelショップがあった。

喜び勇んで、グッズを買いに行くと

期間限定で、3,000円以上購入者を対象に、グッズを配っていた。

スパイダーマンのケーブルホルダーと、アイアンマンのピンバッジだ。

もうお分かりだろう。

恐る恐るメルカリを開いてみると、

スパイダーマンのケーブルホルダーが1,500円

アイアンマンのピンバッジが2,000円で取引されているのだ。

つまり、こちらはもはや、購入金額を超えてしまっている。

(限定ノベルティだけで、3,500円

 プラス、購入グッズまで売りさばけば…6,000円程度は行くのだろう

 つまり、3,000円で買ったものが、6,000円で売れることになる)

メルカリ、という

日本国内の、ドメスティック・メガベンチャーは

消費者のライフスタイルを更新し、産業構造を変革させた。

メルカリが当たり前になった私たちにとって

「売る」はいつでもどこでも、何でも、誰に対してでも、できる。

「売る」のハードルは、極めて低いものになった。

買う・売る/中古を売る/転売する

こうしたライフスタイルは、メルカリ以前とメルカリ以後では

まったく別物になっている。

そして、それゆえに

メルカリ以前にあった中古販売関連産業は、

本のブックオフ、家具雑貨のハードオフ、CD・DVD・ゲームのツタヤとゲオ、

服のラグタグとZOZO USED、そして車のガリバーまで

メルカリの登場で総崩れに遭っている。

(中古車市場は、これから本格化)

ベンチャー企業(Start-ups)が新しく現れ、

凄まじい速度で急成長を遂げ、

ユニコーン(創業10年未満で、企業価値10億ドル以上)や

その先のメガベンチャーにまで成り上がっていき、

これまでにない、新しく、価値あるプロダクト(製品やサービス)が広げられることによって

消費者も産業も大きく変えられていく、

その影響力はとてつもなく大きい。

その代表格として、Amazonによる「アマゾン・エフェクト」が知られている。

アマゾン・エフェクトに比べれば

範囲も規模もまだまだ小さいが、

私たちの日常の周りには、確実に「メルカリ・エフェクト」が巻き起こっている。

だから、企業は

メルカリ・エフェクトを踏まえたうえで

需要予測・マーケティング施策・判断をしなければならない。

果たして、本当にそれができているだろうか。

決定権を持つ層(シニア)は、本当にメルカリ・エフェクトを

いや、メルカリを、認識できているのだろうか。

C