数字に踊らされないように

マーケティング小話

マーベル・スタジオが、自社コミックを、自社スタジオで映画化していく

一連のアメコミ・シリーズは、MCU(Marvel Cinematic Universe)と呼ばれる。

10年前の『Ironman』から始まり、22作の映画が公開され

そのすべてがヒット作品になっているという奇跡的な、一大ビジネス・プロジェクトだ。

これほど奇跡的で、素晴らしい成功を収めている、

映画ビジネス、コンテンツ・ビジネス、エンターテインメント・ビジネスを、

私はほかに知らない。

それほどに、MCUは群を抜いている。

そのひとつの集大成として、現在公開中なのが『Avengers:Endgame』だ。

歴代の興行収入トップの座にいる『Avatar』をいつ抜き去るか...

映画ファン、MCUファンはその日をいまかいまかと待ち焦がれている。

しかし、その歴史的な日が、果たして訪れてくれるかどうか、怪しくなってきた。

『Avatar』の27.88億ドルの壁はそれほど高い。

6月15日時点で、『Avengers:Endgame』の興収は27.38億ドル。

あと5,000万ドル...55億円...

だがしかし、表面的な数字に踊らされず、

数字の中身を掘り下げてみて見ると、じつは2作品はレベルがかけ離れてることに気づける。

『Avengers:Endgame』と『Avatar』の興収の曲線を見比べてみれば一目瞭然

『Avengers:Endgame』は遥か上を行っているのだ。

『Avatar』は、3D作品のため、鑑賞料金が2,000円を超え、

通常版・特別版を合わせて、238日間もの長期にわたって上映した。

対して、『Avengers:Endgame』は、3D上映もあるが、大半は2Dで

上映期間は、わずか63日間となっている。

(続く『Spiderman:Far from Home』の上映開始と合わせて、終了する)

単価と上映期間が全く異なるのだ。

『Avengers:Endgame』が、記録を狙って上映し続ければ

夏前に『Avatar』を超えることは間違いないが、

マーベル・スタジオが展開するMCUにおいて、『Avengers:Endgame』は

未だ通過点に過ぎない。

ここで燃え尽きるわけにはいかないのである。

この盛り上がりを、次の作品に繋げることの方が、遥かに大切なのだ。

だからこそ、記録狙いで上映期間をダラダラ伸ばすことなく、

次の『Spiderman:Far from Home』のトム・ホランドに、バトンを託すのだ。

その決断は、MCUというプロジェクトにとって英断となるはずだ。

しかし、しかし

どうか歴代最高興行収入に輝いてほしいと、切に願う。

そのご褒美を、栄冠を、獲得するにふさわしい作品にちがいない。

6月27日の上映終了前に、もう一度観に行って...貢献したい思いでいる。

(中国での上映がすでに終了しているというのは...非常に痛い)

いちMCUファンとして、未だ結果はわからないが

期待と、負け惜しみを込めて。

C