比較してこそ

マーケティング小話

ソニーは、2018年3月期に

売上8兆6,000億円、営業利益8,900億円で

過去最高の営業利益を達成した。

(2019年3月期は微減)

ただし、ソニーの最高益を導いたのは、家電事業ではない。

プレイステーション4をはじめとしたゲーム&ネットワークサービス事業

CMOSイメージセンサーに代表される半導体事業

生命保険・損害保険・銀行などの金融事業

この3分野がソニーの最高益を支えている。

好調のソニーだが、

同社社長の吉田憲一郎氏は

「テクノロジー企業としての危機感がある」と強調した。

その理由は、世界のライバルとの大きな格差にある。

ソニーがライバルとして位置付ける

韓国のサムスン電子の営業利益は、5兆円を超えている。

(2018年通期の営業利益は、6兆円を超えた)

(2019年は、国家間の経済制裁で、Samsungの半導体事業は大割れ中)

ソニーとサムスンの利益の桁は、一桁ちがっている。

ソニーが存在を意識しているというGAFAは、そのさらに上をいく。

SONYは、過去最高益を記録したのだから

以前のSONYと比べて、現在のSONYは強くなっている。

しかし、SAMSUNGと比べれば、まだまだ桁違いに弱い。

GAFAと比べれば、さらに弱いと言える。

(少なくとも、資金・評価額の観点では)

企業、ビジネス、プロダクトの

良い・悪い、凄い・凄くない、面白い・面白くない

すべては、相対評価しなければ判断はできない。

以前と比べてどうなのか

ライバルと比べてどうなのか

「比較してこそ」である。

これは、ヒトにも当てはまる。

以前の自分と比べて、

ライバルたちと比べて、

自分はどうなのか。

目をそらさずに、しっかり比較しておかなければいけない。

C