世界最先端の小売店

中国よもやま話

B2Bプラットフォーム「Alibaba.com」

B2Cプラットフォーム「天猫(Tモール)」

C2Cプラットフォーム「淘宝網(タオバオ)」

と、中国のあらゆるEC手段を押さえて

なおかつ、オンライン決済の「Alipay」を普及させることで

盤石の体制をつくりあげた中国メガベンチャー筆頭のアリババ。

そのアリババは、さらに

オンラインとオフラインを結びつける「ニューリテール戦略」を進めている。

その速度・勢いは、

アマゾンによる無人店舗「Amazon Go」の比ではない。

アリババのニューリテール戦略の旗頭は

スーパーマーケットの「フーマフレッシュ(盒马鲜生)」である。

盒馬(フーマ)という言葉は

「馬をパッケージしたもの」という意味を表しており、

「アリババ会長である馬雲(ジャック・マー)氏の発想を

パッケージングしたビジネス」を示しているのではないか、と考えられている。

カバ(河馬)も「フーマ」と発音されるため、

カバがマスコットキャラクターに採用されている。

じつは、このフーマフレッシュを訪れるのが

今回の中国滞在におけるメインの目的の1つだった。

フーマについては、語りだせば長くなるため、

下記に簡略化して列挙。

①:食品スーパーだが、

 Eat inのレストラン、EC向け倉庫、EC向け物流拠点、という

 4つの機能を融合させた店になっている。

②:OnlineとOffline の完全融合を実現している。

③:店舗から半径3㎞圏内は、最短30分での配送可能

④:消費者は、通常の「店舗訪問購買」のほか、

 店舗で吟味して購入、宅配を選んで手ぶらで帰る「宅配購買」、

 仕事帰りにEC注文し、帰宅と同時に食材・惣菜を受け取れる「EC購買」、

 すべてが自由に選べる。

⑤:フーマフレッシュは、単位面積当たりの売上で

 既存スーパーの3.7倍を実現している。

⑥:そのうち、50%以上が宅配ECによるものとなっており、

 既存スーパーの売上の5倍達成を目標に掲げている。

 (店舗購入よりも、ネット注文の方が少し安いそうだ)

⑦:実店舗、EC、それぞれ単体では頭打ちになってきていた状況下で

 まさしく「ニューリテール」として輝きを放ち、

 世界のマーケターから注目を集めている。

⑧:フーマでの購入には

 フーマアプリとAlipayアプリが義務化。

 それによって、顧客の個人データ・購買データを紐づける。

⑨:フーマは2016年、上海に1号店をオープンさせると

 主要都市に出店を加速し、

 数年以内に2,000店舗まで急拡大させていく方針。

⑩:フーマは、半径3㎞以内に30万戸の家庭があることを

 出店場所の選定基準としており、

 都市部に限定されたビジネスモデルを採用。

1番の売りは、海鮮。生きた海鮮をその場で選べる。
選んだシャコを、カウンターに持っていき、調理方法を選択とAlipay決済。
イートインスペースにて、調理されたシャコ料理を頂く。美味い。少し高めの約2,000円。
鮮度管理、EC用ピッキングの水色の服を着たスタッフ(おばさん)が大勢常駐。
イートインで食べながら、アプリで追加注文すると、売り場からスタッフが持ってきてくれる。
新鮮さを強調する陳列、POP。これだけ店頭・人員に注力している店は初めて見た。
スタッフの商品ピッキング用バッグ。売り場で、EC注文された商品をコレに詰めていく。
EC注文分が揃うと、店内天井に張り巡らされたレールで、裏に運ばれ、すぐにバイクで宅配。
アプリ画面。生鮮食品のECという高いハードルをクリアしていっている。

海鮮に加えて、海外製品の品ぞろえも売りの1つで

日本製品がどこよりも多く揃えられていた。

他のスーパーの比べて、割高感はある。

それだけ、単価の高い「ちょっと良いもの」を揃えている。

隣人曰く、「成城石井の進化版」

言い得て妙だと感じた。

生鮮食品のEC(ネットショッピング)は、どの国でも、浸透しきれていなかった。

商品を信用できないからだ。

肉と言っても、ひとつひとつ形も脂のさし方も微妙に異なるし

そもそも鮮度に不安がある。

魚も、野菜も、自分の目で確かめなければ、信用できなかった。

あのAmazonですら、苦戦している。

しかし、フーマは、その高いハードルを越えることに成功している。

いつも買っている「フーマ」の、

こだわり・信頼のある「フーマ」の、

肉や魚、野菜、総菜をEC宅配できるから

安心できるのだ。

それも30分で届けてくれる。

実際に、天井のレールで

EC宅配バッグが流れていく様子を見れて、よかった。

この仕組み、このモデル、この店はすごい!と

肌で感じる事ができた。

世界中から視察が殺到している

世界最先端の小売店。

それが「フーマフレッシュ」である。

C