社会主義ならではの

中国よもやま話

上海浦東国際空港で

飛行機が下降し始めると、すぐに変化に気づいた。

2年前と比べて、明らかに空気がきれいになっている。

スモッグ感、ガスってる感じが

明らかに改善されている。

上海から車で3時間の江蘇省南通市にいても、

(0ではないが)ガスっている感じは少なく、景色はきれいだ。

環境汚染のストップ、クリーン化への方向転換

これらは、社会主義ならではの剛腕ぶりだ。

工場の強制停止、

自動車の利用規制(今日は奇数ナンバーのみ、明日は偶数ナンバーのみ、とか)

など、政府の決定は絶対だ。

社会主義が、良い方に作用している。

中国と言えば、不動産バブルだが

(上海市内では、月20万円でも、まともな部屋は借りれない)

(週20万円、というレベルだ)

(地方都市で、東京23区内と同レベルと考えて良い)

上海は現在、

市民カードを持っていなければ、不動産の購入が禁止されているという。

そうして規制しなければ、

激しすぎる不動産投資の高騰を止められないからだろう。

つまり、上海市政府によって

バブルがはじけないようにコントロールされているのだ。

「中国バブルは、もうすぐ弾けるよ」

「中国経済が好調なのも、あとわずかだよ」

そう口にする経営者・学者に大勢会ってきた。

5年以上前から。

もう、5年~10年、そう言われ続けて

現実にはなっていない。

つまり

彼らは、中国政府を、社会主義を、理解できていなかったということだ。

中国において

「政府は絶対」だ。

そして、中国政府は現状把握、中長期計画、実行、

すべてにおいて馬鹿じゃない。

日本政府と比べれば、はるかに高い成果を実現してきた

「強く賢い政府」であることは疑いようがない。

(だからこそ、アメリカ政府は恐れているし、潰そうとしている)

(逆に言えば、アメリカ政府は、日本政府なんて、恐れていない)

社会主義ならではの強み、を理解するためには

まず

社会主義に対する偏見、は捨てるべきだ。

実際に、万能とは言わずとも、中国ビジネスは強力なのだから。

C