「友人をユーザーにする」覚悟

マーケティング小話

創業から10年で、世界のスマホメーカー第4位に急成長を遂げている

中国メガベンチャーのシャオミ(Xiaomi/小米)

この企業はユニークで、中国ベンチャーの中でも

DJIやバイトダンスなどと並び、気になっているが、

この会社は、経営理念の中核に、「顧客と友人になる」と定めている。

ある企業は、ユーザーの前にひざまずき、ユーザーを神のように崇める。

(これが行き過ぎると、ユーザーの些細なクレームにもひざまづく羽目になる)

またある企業は、反対に、ユーザーをひざまずかせ、素人扱いして洗脳しようとする。

(GoogleやAppleは、基本的に上から目線)

シャオミは、こうした二極的な従来のユーザーとの結びつき方では、

企業とユーザーはお金でしか結ばれない、と考える。

そうではなく、ユーザーを友人として捉えて

企業とユーザーが友情を結ぶ。

「手が届く」「自分だけのものになる」「共に成長していく」ブランドになることを

目標に掲げて、成長を続けている。

コストパフォーマンスに優れたプロダクトを友人(顧客)に届けるため、

「シャオミのハードウェア製品の利益率は永久に5%を超えることはない。もし上回れば、ユーザーに還元する」

と宣言しているほどだ。

その代わりに、

広告、ユーザー課金などのインターネットサービス事業、

小売(自社製品、関連企業・出資企業のIoT製品のEC)で利益を出すようにしている

コスパに優れた良いモノを、適正価格で、友人に届けたい

という方針が一貫して貫かれている。

社内では、「妻の両親にも、自社製品を薦めよう」と言われているという。

(本来、薦めにくい相手でも、自信を持って薦めよう。ということ)

社員には、定期的に、自分の友人に渡していい「F(Friend)コード」が配られる。

優先的に、シャオミ製品が買えるチケットのようなものだ。

それだけの自負、覚悟を持って、製品をつくっている証拠だろう。

シャオミを見ていると、ふと思うことがある。

それは

「友人に、正規料金を請求したうえで

 自分が手掛けたプロダクトを、自信をもって薦められるかどうか」

という問いだ。

友人に、「無料であげるから使ってみて」

「あげるから読んでみて」

ということはいくらでもできる。

しかし、正規料金を払ってもらったうえで、

「絶対に損はさせないから、購入・利用してみて」と言うことは

非常に、覚悟のいることである。

清らかな緊張感を持って、それでもなお自信を持って

友人に薦められる、友人をユーザーにできる

そんなプロダクト、そんなビジネスにしなければいけない。

惰性で、ルーティンで、

顔の見えない消費者だから無責任に売れる、

そんな仕事だけはしないように、心掛けたいものだ。

C