百聞は一見に如かず:百のクチコミより一度の体験

マーケティング小話

ネット、SNSが便利になればなるほど

リアルに自分自身で体験する価値は、逆説的に高まっていくような気がする。

それがリアルでもネットでも

「体験価値」の追求に躍起になっている理由かもしてない。

いまどき、食事のときは「とりあえず食べログをチェック」

映画のときは「とりあえずレビュー評価をチェック」

あるいは、どんなときでも「とりあえずTwitterかInstagramをチェック」だろう。

しかし、他者の評価が必ずしも正解とは限らない。

「10点と2点」と「5点と7点」が、同じ「6点」で計算される

平均値(レビュー点数、星の数)は、あまり信用はできない。

特に、食事や映画といった感性・好みに深くかかわるジャンルは

百のクチコミ、あるいはその平均値よりも

一度の、自分自身での体験を重要視すべきだ。

(ネットとSNSが便利なあまり、楽に「正解のようなもの」を求めがちだが)

恵比寿にあるデイゼロのレバーが売りの「ふじ屋」は

(その日の朝に加工・切り出した肉を、その日の夜に食べれる)

まったく臭みがなく、甘みのあってフレッシュな

非常に美味しい串焼き(ねぎれば)と刺身(レバ刺し)が食べれる。

お薦めの一店だ。

しかし、食べログの評価は「3.21」、Rettyは84%、Googleでは★4つ

(ぐるなびは評価を掲載しない)

食べログの評価が、だいぶ低い。

食べログだけを頼りにすれば、恵比寿に3.5以上の店は沢山あるため

ふじ屋に行くことはまずないはずだ。

しかし、行ってみて、自分で味わってみれば、美味しさに納得できる。

「食べログが全てじゃないな」と痛感できる。

そもそもレビューサイトは、

「誰が評価するか」

「何を期待して評価するか」

「そもそも正当な評価をしているのか」(競合による意図的な低評価)

こういった注意事項がついて回ることになる。

どれだけ情報集めが便利になろうとも、体験に勝る納得感はない。

だからこそ「いかに一度体験してもらうか」が重要になる。

C