3都市から見えてきた中国の現在地

中国よもやま話

国内18番目のGDPの地方都市、南通

「アジアのシリコンバレー」と呼ばれる都会の重点都市、深圳

そして、「中国の沖縄」にあたるリゾート観光都市、三亜

この3都市をめぐってきて、現在の中国の姿がよりクリアに見えてきた。

まず、中国を語るうえで前提となる

2つのアンバランスさを認識しておく必要がある。

1つめ

ハード面において、自称している通り、中国はまだ「発展途上国」だ。

一方、ソフト面、とりわけデジタル・イノベーションにおいて

中国は「イノベーション実験場」と呼ばれるように、世界最先端を進んでいる。

途上国の環境と、世界最先端のサービス/ライフスタイルが共存している。

2つめ

中国のヒトも企業(ビジネス)も

基本的に、自由で無秩序だ。

合理的な事、便利な事、儲かる事、得な事に対して一直線で、自由だ。

それは裏を返せば、秩序がなく、「無法地帯」的な振る舞いにもつながる。

(「秩序ありき」の日本とは正反対で、だから中国は、近くて遠い)

一方で、中国は社会主義であり、政府による絶対的な秩序が存在する。

「強い政府」による管理運営に対して、ヒトも企業も、従うことが義務付けられている。

(ただし、中国政府の基本姿勢は、まず自由にやらせてみて

 問題が大きくなってきたら、問答無用で規制するスタイルで、

 最初から規制をかけて制限したり、潰したりすることは稀)

自由と無秩序の価値観と、社会主義という絶対的な秩序が共存している。

この2つのアンバランスさ、カオスさを踏まえたうえで

中国の都心部、地方都市、観光地を体験してきて

肌で感じた1次情報を列挙しておこう。

★Real/Change/Lifestyle

① 深圳:圧倒的に中国人材による発展。国外人材の流入は極めて少ない。

② 三亜:ホテル、ショッピングモールの不動産ラッシュは止む気配なし。

③ 物価インフレ:不動産は桁違い。外食も日本並み。ホテルは格安。

④ 「食」文化:中華料理偏重。1フロア20店舗がすべて中華も。

⑤ 「持ち込み」文化:飲食店、ホテル(ビュッフェ)への持ち込みフリー。

⑥ 「宅配」文化:いつでもどこでも、「美団」か「ウーラマ」

⑦ 「写真」文化:さらに加速。そのニーズに応じてビジネスも至る所に。

⑧ ファッション:海外ブランド、スポーツ系の広がり。ポロシャツ根付かず。

⑨ 移動革命:格安メトロ。サービスもヒトも高水準なディディ。

★Already Good

① トイレ設備の改善:紙、車イス用、オムツ交換台が完備

② サービス人材の登場:高級ホテルでは、きめ細やかな提案型サービス実現。

③ 観光地の環境改善:トイレ、バスなど綺麗でストレスフリーに。

④ キャッシュレス社会の完全浸透:それに伴い、充電器ビジネスも普及。

⑤ 待ち時間0サービスの浸透:スタバ、マクド、キング、KFC、ラッキン。

★Still Bad = Make Better

① 多言語対応の遅れ:ヒト、サービス、アプリの英語対応はまだまだ遅い。

② 道、建物の粗さ:メンテナンス不全、バリアフリー未浸透。

③ 田舎の価値観:「ステレオタイプな中国人」のまま。

④ 低水準なものづくり:雑貨、家具、壁紙など、よく見えれば至る所に粗さ。

⑤ リサイクル文化の未浸透:分別はほぼなく、あっても2種類。

⑥ コンビニ、自販機のない環境:逆説的に、だから宅配ニーズが高いのだが。

ざっと、これだけ列挙できるほどに

実りの多い中国滞在、国内旅行だった。

後日、1つ1つ掘り下げて語っていきたい。

語れるだけの、

語りたくなるほどの、

驚きに満ち溢れている。

C