朝食文化

中国よもやま話

中国の、従来の朝食文化と言えば

職場近くの店や屋台で手軽に済ませるスタイルだ。

(冬は、自宅でおかゆも多い)

日本のように

味噌汁、ごはん、焼き魚、小鉢

とか

トースト、スープ、ソーセージ、目玉焼き

とか

自宅で手をかけて用意・食事することは考えにくい。

(それも千差万別だし、もっと手軽なことは多いだろうが)

日本で、朝食を店や屋台で、は一般的ではないだろう。

(朝マック、を除けば)

江蘇省南通に帰郷すると

必ず行くのが、さびれた古い路地裏にある、麺と小籠包の店だ。

高菜とひき肉の載った醤油ベースの麺

野菜とひき肉のワンタンがたくさん入ったスープ

肉汁のすごい小籠包

3名でシェアして、全部で500円程度である。

量も多くて、美味しい。

こんな路地裏の個人経営の店でも

ちゃんと支払はキャッシュレスだ。

2年半前は現金だった。

都心部での朝食の実情や

企業・学校の社食など、

食のライフスタイルに関する実態と変化に対する

知的好奇心は尽きない。

C